もし事故に遭ってしまったら

1 警察に事故届けを出します。

まずは警察に事故届を出します。

 事故の扱いは人身事故扱いと物件事故扱いの二つがあります。

 後々、施術費の請求、後遺障害等級の認定等で不利に扱われることがありますので、ケガの程度にかかわらず、「人身事故扱い」にしておきましょう。

 また、この時点で相手から示談をもちかけられても断わりましょう。

 そして、自動車安全運転センターに「交通事故証明書」の交付を依頼します。

2 相手方と連絡先を交換します。

必ず確認しておきましょう

 ①相手方の名前と住所 

 ②連絡先や車のナンバー

 ③自賠責保険、任意保険加入の有無

 ④任意保険会社の名前、担当者、連絡先

 ⑤自動車保険の証明書番号

 

 相手方に免許証の提示を求め、上記のことを確認しましょう。

 その他、勤務先などもお互い把握しておきましょう。

3 目撃者、事故現場を記録します。

しっかりと証拠を残すことが大切です。

 事故の目撃者の氏名、住所、連絡先を聞いておきます。

 また、事故状況を、写真、ビデオ等で様々な角度から記録します。

 事故時に身に着けていた衣類、事故に遭った車は処分せず保管しておきます。

4 病院で診断してもらいます。

自己判断は禁物です。

 交通事故直後は興奮状態にあるため、すぐに痛みや症状が出ず、数日経過した後に痛み、症状がでることもあります。

 自己判断せず、病院に行きしっかりと精密検査を受けましょう。

 病院の領収書、タクシーの領収書(保険会社が負担してくれる場合があります)などはとっておきましょう。

5 保険会社に連絡します。

ご自身で加入している任意保険会社にも連絡を入れましょう。

 ①交通事故にあった日時、場所

 ②相手の氏名、住所、電話番号

 ③届け出をした警察署

 ④事故の状況

 

 ご加入している保険会社に上記の事を連絡します。

院長メッセージ

受付・施術時間

 
午前
午後 --

午前8:30~午前11:30
午後3:00~午後 7 :00
マッケンジー法・加圧トレーニングは予約制です

【定休日】
年中無休

所在地

〒190-0163
東京都あきる野市
舘谷234-1
JR 武蔵五日市駅より徒歩3分

042-595-3442

お問合せ・アクセス・地図

PageTop